ロレックスの雑学

ロレックスの雑学



ロレックスは、日本で成功や社会的地位の象徴というイメージをもたれている。

世界初の完全防水と、完全自動巻取りという画期的な「技術」で成長したブランド。 


1927年10月に、イギリス人水泳選手のメルセデス・グライツ(26歳)が、
イギリス東南部のフォークストーンから、

サウスフォーランドとセントマーガレット湾の間に
位置する地点までの間にあるドーバー海峡を、
15時間15分かけて、泳いで渡るという偉業をなしとげた。


その時に、
メルセデス・グライツがつけていた時計が、ロレックス・オイスター。



ドーバー海峡を泳いで横断しても、時間が、まったく狂うことはなかった。

このことで、ロレックスの防水性能の高さが証明され大きく飛躍する。

ロレックスの買い方―For Sports Model



[PR]
   




posted by rolex116000げんてい at 22:32 | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。